健康診断受診の注意点について

健康診断受診の注意点について

健康診断を受ける際の注意点としてまず挙げられるのが、前日は絶食が基本という事です。
丸1日食べてはいけないという訳ではなく、血糖値検査の定義に基づき、前日の夜から10時間以上絶食し、朝食前に測定するというルールとなっています。
ただ、時間ギリギリまでなら大丈夫といって暴飲暴食をしてはいけません。
コレステロール値や血糖値に影響が出やすいのでお酒は控え、タバコに含まれるニコチンには血管を収縮させる働きがあり、血圧検査で悪い結果が出てしまうので喫煙もしてはいけません。
当日の服装も意外に忘れがちであり、レントゲンや超音波、腹部・胸部の聴診や触診といった衣服を着脱する必要がある検査は多いので、いくつかの場合を想定し、対応できる服装で受診して下さい。
また、精密検査が必要という結果がかえってきても病気と診断された訳ではなく、仮に病気が見つかったとしても早期に治療をすれば完治する可能性も高くなるので、怖がらずに精密検査を受ける事が大切です。
そのための健康診断なのです。

健康診断受診前日の注意点

健康診断受診は当日だけではなく、実はすでに前日から始まっています。というのも、いつもどおりの生活をして、その中で何か異常はないか、検査をしていくものです。とはいえ、注意点として前日の夜は、21時くらいからは絶食になります。検査までのあいだに、10時間以上の絶食をする必要があるためです。食事をとることで血糖値が上がるため、10時間以上は食べないことは守りましょう。検査当日は、何時から健康診断が始まるのか、チェックしておけば、時間も逆算することができます。キャンディーや、小さいチョコなど、つい口に入れたくなっても、カロリーもある物ですから、食べるのは我慢しましょう。カロリーのない、お水を飲むのは大丈夫です。前日は激しい運動をすることなく、安静に過ごしましょう。睡眠時間も、6時間から8時間は取るようにして、健康診断に備えるとよいです。睡眠が短いと、当日のコンディションも乱れがちですから、睡眠をしっかりとることも大切です。