健康診断の検査項目の内容について

Pocket

健康診断の検査項目の内容について

一口に健康診断といっても、地域や病院や費用によって検査項目に大きな違いがあります。健診の申込みをする場合は、受診予定の検診のメニューの中に受けたい検査項目がきちんと含まれているのか確認しましょう。病院によっては設備やその他の要因で希望の検診が受けられない場合がありますので事前に調べておくとよいでしょう。
事業主が雇用者に健康診断を受診させる場合、その検査の項目は法律で決められています。職種や雇用形態で内容が変わります。
病院で健康診断を受けるのであれば、会社の費用負担で受ける健康診断の内容に自分の受けたい検査項目が含まれない場合でも、オプションで自己負担で検査を受けられることがほとんどです。病院の受付窓口で事前に相談してみましょう。年齢や持病や既往症の有無によって個人が受けるべき検診は、その人ごとに違っていますので、検診内容を自分で選ぶようにしましょう。
健診が終わったら診断結果を受け取ります。数値や専門的な用語がずらっと項目ごとに並び、分かりにくく感じることがあります。病院から項目ごとに数値の見方を解説した資料をもらえますので、自分の健康管理に役立てましょう。

健康診断の検査の種類を調査

健康診断と人間ドックには大きな差があります。
沢山の従業員が働く企業では、健康診断が経営者の義務として行なわれます。
よく、会社の検診で引っ掛かって、設備の揃った病院で精密検査を促されることがあります。
この場合、重大な疾病の懸念が検診により確認された場合、大手病院により検査後に確定診断を受けることになります。
人間ドック場合も同じような方法で検査が行なわれます。
その際に懸念部分が見つかれば、診断を受けた後、治療へと進むのです。
大きな違いとして、人間ドックの場合より多くの側面から、診断が行なわれます。
また、使用する機器もCTやMRIに超音波などのハイテク機器が使用されます。
会社の健康診断などでは、レントゲンで撮影を行うことが多く、バスにレントゲンの搭載された車両で会社まで来ることが多いでしょう。
医師による診察と問診、胸部レントゲン撮影が主となります。
健康診断では、主に生活習慣病の側面を重視し、人間ドックでは三大成人病と言われる死亡原因ともなる疾病発見の側面が重視されます。

 

健康診断のクリニックをマーソ(MRSO)で検索!お得に受診!